アロマテラピー

  • 2016.09.21 Wednesday
  • 09:00

JUGEMテーマ:日記・一般

 アロマテラピーはヨーロッパで生まれた自然療法で芳香療法ともいわれます。

ヨーロッパでは医療の1つとして行っており、日本でも取り入れる医療機関が

増えて来ている様です。

アロマテラピーには精油を用います。精油とは、色々なハーブから物質を抽出して

作られるオイルです。

精油の香りを鼻から吸い込むメディカルアロマ呼吸は臭覚神経よりダイレクトに

脳の大脳の視床下部へ送られていきます。

鼻は脳が露出した部分となるので、直ぐに効能が感じられるそうです。

 ‘ ラベンデーの香りで気分が落ち着く ‘ 等は成分が脳に作用した結果だそうです。

 

*精油の種類

 🌻 目的別に精油をご紹介 🌻

・リフレッシュしたい時・・・グレープフルーツ、オレンジスイート、ベルガモット

・気分を落ち着けたい時・・・サンダルウッド、スイートマジョラム、ゼラニューム

・寝付きを良くしたい時・・・カモミールローマン、ラベンダー、サンダルウッド


*アロマテラピーの楽しみ方 🛀 

・芳香浴・・・ティッシュペーパーに1〜2滴垂らしてテーブルなどに置きます。

       アロマポット、アロマディフューザーなど専用機器を用います。

・手浴、足浴・・・洗面器などに湯を張り、精油を落として手、足をつけます。

 

*好きな香りや気分でこころとからだをリフレッシュし、

 素敵な毎日をお過ごしください。

 

スポンサーサイト

  • 2020.02.05 Wednesday
  • 09:00
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM